アカギ…おっと

赤城みりあちゃんがお好きだそうです

魔界村 


みりあ「みりあもイシカワーいくー!」

と、いう連絡をLINEで頂き、とりあえずいつものメンツの中でこのアカギと絡みのあるだろう人へアポを取り、オフ会の段取りをとる。

少々絡みが少ない人でも、あのアイドル赤城みりあが来るとなれば

まるぽ「いきます」

姫神「いきます」

えら「ちんちちん!」



と、いうことで開催されましたみりあたんイシカワーツアー


まずは初日


例によって逆転満塁サヨナラ店(仮)で待ち合わせちん!

お昼頃に私とみりあちゃんとえっちゃんが合流。

初日はこの3人だけなので、とりあえずイシカワーツアーには欠かせない


ソウルフード8番らーめんの唐麺をご賞味いただく

ND「みりあちゃん、唐麺、どう?」

みりあ「うん!とってもおいしー!!」


なんとか喜んでもらえたようだ…

そして昼ごはんを終えた私達。

みりあちゃんはこんなことを言い出した

みりあ「みりあ、ぱちすろ?打ってみたいー!」

まぁ頼まれたらわざわざアイドルに来ていただいてるのに断る訳にもいかないからね。

みりあ「みりあ、あのねあのね、まーじゃんものがたりが打ちたいー!」

そうかそうか、みりあちゃん、麻雀物語知ってるのか!なかなか勉強熱心だな。


よーし!おじさんに任せろ!


というわけで、みりあちゃんとえっちゃんが麻雀物語3

私は

タマキちゃんのおっぱいがたまらんくて打ちながら勃起させてました。みりあちゃんの隣だったけどバレなかったみたいです。アブナイアブナイ…

あぁ^~


心がぷるんぷるんするんじゃあ^~(タマキちゃんのおっぱい並感)

そんな感じでタマキちゃんとのデートを楽しんでたら

2人ともいなくなってた




この後私も別の台へ移動

モンハン…

かんた…んじゃなかったわ(負けた)

稼働が終わったらお腹減ってきちゃったね、みりあちゃん!


夜ご飯はにくにくパーリィだねっ!

とってもおいしーね、みりあちゃん!


みりあちゃん「うん、おにくおいしー!」


えっちゃん「うん、おにくおいしー!」


よかった…喜んでもらえたようだ…

そして、3人は寝床であるホテルへ

みりあちゃんアイドルだからね、1人だと危ないかもしれないからぼくとえっちゃんでボディガードしないとね!
 

眠くなるまでみりあちゃんの話を聞きながら、ガルパンのアニメ観てました。

~つづく~


出演

ND:ND

えっちゃん:えっちゃん

赤城みりあ:コニタン








ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!!

魔界村へお戻りの際はこちらからどうぞ!!

魔界村